幽玄怪舎 依藤幸夢店

創作者依藤(えとう)の地道に感じた事や身の回りに起きたことを綴るゆったりしたブログ

重箱の隅を突くような引用RTへの僕からの反応と自分の考え

少し前に「バレットジャーナルを続けて一ヶ月経ったので自分なりの所感」という記事を公開したのですが……。

この時、ちょっと不思議な引用RTを頂いたので、その点について僕の考えを少し書きたいと思います。

まぁ炎上したら僕の『小説を書く』という創作人生は終わるでしょうね……。

 

 

 

バレットジャーナルについて

過去に幾度か書いたんですが、バレットジャーナルというノートをメインに行う手帳術がありまして、それを僕は続けています。

無理のない範囲で、ゆっくりと自分なりに使っています。

 

バレットジャーナルを続けて一ヶ月経ったので自分なりの所感という記事

 こちらの記事なんですが、僕なりに言葉を選んで書いてます。

e10ulen.hatenablog.com

 

今回何が起きたのか

自分でも正直わかりません。1000PV超えた!やった!って喜んだ直後位に来た引用RTだったので「鳩が豆鉄砲食らった顔」していたでしょうね。

でも分かる事は一つ「その人は本当に”バレットジャーナル”を必要としているのか」わからなくなりました。

 

何を言っているか分からない

自分で引用RTされたツイートをみて、知人含め何人かに確認してもらいましたが、記事に対して間違いは書いてないと思っています。

「長々と記事を書いてしまった」とか、そういう点では「もう少し削れたんじゃないか?」とかそういう点では反省点はありますが、記事の内容については、間違ってないと思っています。

 

晒し上げになってしまうので……

ここにツイートを埋め込んだりはしません。

(本当は埋め込みたいんですけどね)

僕のTwitterを知っている方は分かりますが、謎のタイミングで引用RTを頂いてます。

読んでくださってありがとうございます。

ただ、僕キチンと書きましたよね?っていう面が凄くて……。

 

僕個人的には……。

本当に、記事の記載ミスや誤字脱字、誤解を招く表現をしていないか、色々と書きながらプレビュー機能でチェックしています。

なので、今回重箱の隅を突く様な引用RTを頂いて「ちゃんと読んで」くれて「反応が来た」という嬉しい反面「ちょっと悔しい面」があります。

 

言われた言葉は

言われた言葉は、「私達はSNS映えするバレットジャーナルを書いてSNSに上げてるんだからいいじゃない!」といった言葉でした。

(だいぶ濁していますけどね)

 

そもそもバレットジャーナルは

バレットジャーナルという物自体はライダー・キャロル氏考案の物なんです。

ライダー・キャロル氏も色々と苦労を重ねてこのバレットジャーナルを編み出しています。

 

ライダー・キャロル氏について軽く

ライダー・キャロル氏自身がADD(学習障害)という病気を持っています。

教科毎にノートを持っていって、どうやったらノートを取ると自分が理解出来るか工夫していき、ある日「数学の授業で、完璧な図形を書いて聞き取ると理解出来る様になり、他の授業にも応用をして、理解できたポイントをノートに記載する方式にしたそうです。

でも、当時は学習障害に対しての理解があまりにも少なく、周りからも、先生からも理解されなかったそうです。

子ども時代は親や大人に判断を任せる事が多いので「自身での発想し、生み出したノートを取る術を取得した事は本当に凄いです。

 

大人になってからは

取捨選択の幅が広がります。やりたくなければやらなければいいという自由です。

僕自身も「これやりたくねえけど、先送りメモとして書いとくか」と書いています。

 例えば「クラウドワークスの仕事も『今やれる気分じゃないなと思ったら』とタスク化しておいて先送りにしています。

 

参考ページ

www.buntobi.com

 

今回起きた引用RTについての僕なりの考えを

最初は汚いし、取捨選択しなきゃいけないことが沢山あります。

例えば「ハビットトラッカー」と習慣づけたい事を書くページは必要なのか、

『マンスリーページ』は「自分に必要なのか」とか、色々と取捨選択をしていく必要があります。

だから最初は途中から構わないし、なんなら月末からいきなり始めてもいいと思います。

前回書いたこの記事の通りに適当に用意して、適当に初めて「合わない」と思えば別の手帳術に手を出してみたら良いと思います。

その考えはどうなの?

「私達はSNS映えするバレットジャーナルを書いてSNSに上げてるんだからいいじゃない!」

この考え確かにいいと思います。でもその指摘する場所の真上に僕はとある事を書いています。

 

InstagramTwitterハッシュタグ付き画像は、言い方が凄い悪いですが、僕からすると「私の手帳素敵でしょ!」と見せびらかしてるようにしか思えないです。

バレットジャーナルを続けて一ヶ月経ったので自分なりの所感 - 幽玄怪舎 依藤幸夢店

 

SNS映えすることは確かに良いでしょう。ですがスタートに対してそんなにハードル高いのがいいのでしょうか?

 

そもそもですが……

バレットジャーナルを活用する人口は増えてきています。

ですが、この方の指摘的には、SNS映えをするために「バレットジャーナル」を使っているだけで、本当にその人に「バレットジャーナル」は必要なのかな?って思うときがあります。

 

僕は今バレットジャーナルのおかげで

バレットジャーナルを始めてから本当に「一日に自分が行ったこと」や「今後やらなきゃいけない事」が書いてあるので、本当に気楽に毎日寝れるようになりましたし。

 

正直炎上覚悟でこの記事を書いている部分はありますが

炎上覚悟ですよ。反論みたいになってしまっていますし、

これで読者減ったり、閲覧減ることは仕方ない事だと思っています。

ですが「僕の書いた『バレットジャーナルを始めてから一ヶ月経ったので自分なりの所感』という記事についてというか、このブログに書いている事は、「僕が感じたことに対して」書いています。

なので、こういう記事が可笑しくないよな?って考えてから書いてます。

これでまた重箱の隅をつつかれたらどうしようかな……。 

 

 

e10ulen.hatenablog.com